アニメおすすめレビュー

“DEVILMAN crybaby”&“マジンガーZ INFINITY”異端と王道の魂が燃える!

異端の問題作+個性派監督+ネット配信という無間地獄絵巻

「デビルマン」前代未聞!孤高のトラウマ問題作

11月21日、Netflixが配信する新作アニメ“DEVILMAN crybaby”の最新PVや新ビジュアルが公開されるとともに、配信開始が1/5(金)と発表された。

「デビルマン」は、1972年に子ども向け異端のヒーローものとしてTVアニメが放送されたが、それ以上の影響として、原作者が同時期連載したマンガが子ども・若者たちをトラウマのどん底にたたき落とし、その後さまざまなクリエイターに影響を与えながらも、ついに後追い・類似作品の誕生を許さなかった(本人の作を他除く)、孤高の問題作だ。
(公式HP http://devilman-crybaby.com/続きを読む

「GODZILLA 怪獣惑星」禁じ手に挑んだ意欲作

※ネタバレあり

「ゴジラ」の新しい可能性とは?

「『シン・ゴジラ』は絶対に、特撮として王道のゴジラを復活させるものになるだろう、と。であるならば、アニメの『GODZILLA』は『未来のために新しい可能性を開拓する企画』として考えることができるので、そこでこの企画を引き受ける意義を見つけることができたのです。」(ストーリー原案・脚本 虚淵玄 映画パンフレットより)

まさに「新しい可能性の開拓」として、この映画は従来のゴジラ・シリーズでは禁じ手とされてきた描写への表現に挑んでいる。

禁じ手1.舞台設定が原生林?

たとえば、原生林がメインの舞台、という設定。
これは「南洋の島エキゾチシズム」頼りにでっかいカマキリやクモやエビと戦ったり、ブサイクな息子が出てくる昭和の3作以後、例がない。 続きを読む